備え有れば憂いなし

park0

中田は、最近Line(SNS)で文字を打つ時、正しく打ったつもりが相手側には”意味わからない”との返事が結構くるようになった。後で確認をしてみると、そんな言葉送ったことないよ~と言っても、ちゃんと証拠が残っているんで逃げることもできない。。
例えば、おみやげをもらった先輩に、”おみやげ、ありがたいけど、これからも宜しくお願いします。”とか、
知人に”よろしくお姉さんします”とかで送っていたらしい。。

最初は、スマホの不具合かと思ったけど、もしかしてこれじゃないかとの原因が一瞬思い浮かんだので、調べてみたら、、、これだ。。

line2   line1

原因は、視力がわるくなって、単語の候補から正しく選択したつもりが、違うものを選んだ中田のせいだったんだ。。

完全、脳のなかでは”中田、お前はいつも正しいんだ”と確信していた状態が、もう自分自身の行動が信頼できない状態になってしまった。。
まずは、これ以上恥をかかないように、今の視力を何とかサポートする為にメガネ屋さんに行かなければと切に思った。。

でも、人はなれるもんで、仕事が忙しいこともあり、また同じミスも起きなかったので、忘れてしまい、なかなか新しいメガネをすることはなかった。。

 

夜、いつもの通り、歯のための、歯による、歯の、磨きをしていた。。

極々普通の夜の歯磨きだった。。

その時、後ろから見つめていた娘から、大声で叫びはじめ、さらに泣いてた。。
いったい、何があったんだろう。。
中田は優しい声で娘に、”何があったの?”と聞いてみた。

娘はまだ泣きながら大声で叫んだ。。。

”パパ、それ私の歯ブラシ!!”

中田は、絶対絶対自分の歯ブラシを選んだと何回も確認したつもりなのに。。。。

投稿者:

5tomo

Back to Top